業務委託の解約条件

フリーランスとして仕事をしていると、時には「希望通りの仕事ではないけれど収入のために仕事を請けなければ」と考えることもあるでしょう。特にフリーランスになりたての頃にはまだまだ収入も安定していないでしょうから、「どんな仕事でも引き受けなければ」と思う方が多いでしょう。しかし、焦って仕事を請けてしまうと「当初の仕事内容と全然違う」というトラブルに発展してしまいかねません。こうなると、「契約を解約したい」と思われる方が多いのではないでしょうか。
そこで、業務委託契約をしている仕事を解約する際に関わってくる解除の条件について調べてみました。業務委託契約を結ぶと「仕事を終えるまで解約をすることは出来ないのだろう」と思っている方もいると思いますが、契約内容によって、条件によっては解約をすることが可能となります。どういった条件があるかというと、請負契約を結んでいる場合には条件が付きますが請負人とクライアントからの解除が認められます。クライアント側は仕事が完成していない間であれば解除が可能。請負人の場合には、クライアントが破産手続きなどをはじめた際に解除することが可能となります。ということは、請負人にとっては解約条件は非常に厳しいということ。委任契約の場合には、請負人、クライアント、どちらでも無条件で解約をすることが可能となります。こう聞くと、「安心して仕事が引き受けられる」と思われるかもしれませんが、その分突然クライアント側から契約を解約されてしまい、仕事が無くなってしまう可能性があるということは忘れてはいけません。
このように、フリーランスの方が業務委託契約を解約する際には、どういった契約をしているかによって、解約条件なども変わってくることになります。近年需要が伸び続けているIT業界に多いSEでフリーランスとして働いている方は業務委託や契約についてよく勉強しておく必要があります。

Leave a Comment