請負契約と委任契約選択による解約

個人事業主として活躍するためには、まず仕事を得ることが必要ですよね。自分で「仕事を探そう」と営業活動をしている方も多いのではないでしょうか。人と接することが好きな方や社交性が高い方にとっては、こういった営業活動も楽しみながら行っているのでしょう。自分で開拓した先から仕事を請けることが出来れば嬉しさは倍増しますよね。
では、仕事を請ける際の契約方法はどうすれば良いのでしょうか。業務委託を行う際には請負契約にするのか、委任契約にするのかを決めていくことが必要となります。「仕事を請けられるのであればどちらの契約でも構わない」と思われる方も多いかもしれませんが、実はどちらの契約を選択するかによって今後の対応が大きく変わってきます。特に、途中解約を求める際には、どういった契約をしていたかによって問われる責任なども変わってくることになるんですよ。請負契約を行った場合には完成した成果物を提供することが必要となりますが、任意契約の場合には、仕事の一部を引き受けることになります。ということは、引き受ける仕事の幅も大きく変わってくるということ。当然ですが、完成された成果物を提供することが目的となる請負契約の場合には、それだけ問われる責任も大きくなるため、解約を行う際にはトラブルに発展してしまう可能性が高いということ。
個人事業主になれば、誰でも「仕事を得なければ」と思い、焦ってしまうかもしれません。しかし、焦って契約をしてしまうと契約内容によっては自分にとってかなり不利な状態となってしまうこともあります。契約時には、請負契約となっているのか、委任契約となっているのかなども確認した上で、契約を結ぶ様にしましょう。