業務委託解約時の対応

フリーランスで仕事を進める際には必ず仕事前にクライアントと契約を交わすことになるでしょう。契約時にはこの契約内容をしっかりと確認し、納得した上で契約をすることが必要となりますが、納得して契約した後に「話が違う」というトラブルが起こる可能性もありますよね。そのため、「解約したい」と思われることもあると思います。
ここからは業務委託解約時の対応についてお話します。まず、フリーランスという立場で仕事をしている場合には、立場が弱いため対応時にも注意が必要。クライアントの怒りを買ってしまう様な対応をしてしまえば、損害賠償を請求されるだけではなく、今後の仕事に影響が及ぼしてしまうこともあります。そのため、解約したいと思った時にはクライアント側も納得する対応をしていくことが必要です。しかし、中にはどんなに冷静な対応をしていても、損害賠償を請求してくることもあります。「事実と異なることが書かれている」という時、まずは反論する文章を作成し、配達証明郵便や内容師証明郵便などを用いて対応していくことが必要となります。本来クライアント側では弁護士を雇っているところがほとんどですから、法的に反論出来る状態にしていかなければ勝ち目はなくなってしまうということ。個人的に対応する際には素人が法律のプロに立ち向かうことになりますから、ある程度の知識を身に付けた上で対応していくことが必要となるでしょう。自分で手に負えないと感じた場合には、やはりこちらもプロに依頼した方が良いと思います。
このように業務委託を請けて仕事をしている場合には、解約を求めたいこともあると思います。こんな時には、どういった対応をするかによって、今後の進み方が変わってきますよ。